マンションの相続と売却

不動産会社にマンション売却するコツ

不動産会社でマンション売却するコツ

不動産会社にマンション売却を依頼するときには、いくつかのコツがあります。なにしろ媒介契約した後は、実際のマンション売却活動は不動産会社にお願いすることになります。売主が積極的にマンション売却のための活動にタッチできることはほとんどありませんが、その中でも心掛けたいポイントを上げてみます。

■住みたいと思ってもらえる部屋をキープする
不動産会社による売却活動が始まると、マンション室内見学の依頼が来ます。はっきりと「興味があって購入したいという気持ちがある」購入希望者に満足して帰ってもらうためには、以下の点に気を付けて室内を整えるようにしましょう。

1.極力モノを置かずに整理整頓を心掛ける
物があふれている部屋では、実際に住み始めた時のイメージがつかみにくいものです。極力モノが外に出さないように片付けましょう。

2.玄関の印象は大切!スッキリときれいにまとめる
ドアを開けて最初に目に入るのが当然玄関です。第一印象が玄関で決まることを肝に銘じておきましょう。靴が外に出ていないことはもちろん、スッキリとした空間作りを心掛けましょう。

3.室内を明るく見せる
購入希望者が部屋にいる間は、カーテンをすべて開けておきます。また、昼間でも照明をつけて、とにかく部屋を明るく見せることを心掛けます。

4.台所・浴室・洗面所などの水廻りは清潔感を出しましょう

マンションを高額で売却するための最大の鉄則は「あせらない」ことです。売却をしなければいけない期間が決まっていたり、焦ってしまうと相手に足元を見られてしまいます。平均で買主様が見つかるまでに2~3ヶ月ほど時間を見ておいた方が良いでしょう。改めて、マンション売却において不動産会社の存在が大きいことを改めて認識しました。少しでも多く息子に遺すことができるように、まずはよい不動産会社選びからはじめます!