マンションの相続と売却

不動産会社でマンションを売却する手順

不動産会社でマンション売却する流れ

査定を依頼したいくつかの不動産会社の中から、マンション売却をまかせることができる不動産会社を選ぶことができたら、次はいよいよ実際にマンション売却がスタートします。不動産会社はどのような方法と手順でマンション売却を進めていくのでしょうか。査定を依頼し、売却活動を任せる不動産会社が決まった後、実際にマンション売却がどのように展開していくのかをまとめました。

■不動産会社でマンション売却する流れ
【マンション広告活動】
媒介契約を結んだ不動産会社は、自社ホームページ、住宅売買総合サイトといったWEBでの広告活動、新聞チラシ、住宅情報誌などの媒体を使った広告活動、まず物件情報の周知につとめます。マンション売り主側は、部屋の内覧に備えてホームクリーニングを依頼したり、場合によってはリフォームを依頼します。また買主候補からの質問に備えて、回答を用意しておきます。

【購入希望者のマンション内覧】
いよいよマンション購入希望者が、実際の部屋を内覧するためにやってきます。広告の内容に目を通して、興味を持って訪れてきた購入希望者に満足して帰ってもらえるように努力することが早期売買契約成立の一番の近道です。掃除は徹底的に行い、なるべく部屋を広く見せるために物を置かないようにしましょう。

【売買契約】
買主が購入希望の意思を表示した後、無事ローン審査を通過したら、後は売買契約を交わし、部屋を引き渡すことでマンション売却活動は終了です。

【マンション購入代金決済】
売買契約が終わったあと、マンションの売買金額が振り込まれます。売買契約から決済までは文書作成や審査の関係上、ひと月ほどかかると心積もりしておくとよいでしょう。この決済が完了すれば、一連のマンション売却活動は終了です。