マンションの相続と売却

マンション売却時の不動産会社選び

不動産会社選びがマンション売却で重要

マンションの売却益を相続する財産として息子に残すことを選んだ私は、さっそく、マンション売却時の不動産会社選びを開始しました。マンション売買整理まで相談に乗ってもらう不動産会社は慎重に選びたいものです。よい不動産会社を選ぶポイントについてまとめてみました。

■必ず複数の不動産会社に査定を依頼する
不動産会社を選定するには、まず、複数の不動産会社にマンションの査定を依頼して比較することからはじめましょう。自分のマンションの相場価格を把握することができ、各不動産会社の熱心さのほどを判断することができます。信頼できそうな不動産会社が見つかったら、実際に部屋を確認しながらの「詳細査定」を依頼します。その詳細査定につけた価格の根拠をきちんと説明できる不動産会社であることが、信頼できる不動産会社といえます。

■大手不動産会社と地元密着型不動産屋の両方に依頼する
不動産会社の選び方のひとつに、実績豊富な大手不動産会社と、地元情報に強い不動産会社の両方に依頼する方法があります。大手不動産会社は広く購入者を募り、豊富なノウハウで販売活動を展開してくれることが期待できます。それに対して規模の小さな地元の不動産会社も、エリア内で買い替えを検討している顧客にアプローチしてくれることが期待できます。

■媒介契約は「専任媒介契約」もしくは「専属専任媒介契約」
マンション売却においては、現在買いたいといってくれる人はいるのだろうか、とか不安になるものです。定期的にマンション売却を依頼した人への報告義務がある、「専任媒介契約」もしくは「専属専任媒介契約」を選ぶようにします。

信頼できる不動産会社選びがマンション売却で一番重要なことかもしれません。査定金額のみならず、信頼できるかどうかもチェックポイントの一つです。自分が本当に納得できる不動産会社と出会うには、派手な広告に惑わされていてはいけません。きちんと必要な手順を踏んで選ぶようにしましょう。