バックナンバー

建設の基本情報

  • トップ /
  • 安全を意識した建設工事を。

新社屋の建設工事について

企業の業績が向上して来た場合、経営者の判断によって、社屋の拡張が進められます。業績好調によって社員が増えてきた場合、社内が狭いと日常業務が捗らなくなります。企業は社屋の拡張を、地元の建設会社に依頼します。地元の建設会社の方が工事の期間が短くて済むためです。また地元の地理や環境にも詳しいため、安全面にも良いためです。社屋の拡張工事を進めるために、地盤調査が必要になる事もあります。新しい別館を建設したにも関わらず、その新社屋の下の地盤が不安定では、本末転倒になります。また貧弱な地盤に無理やり新しい建物を建設しようとした場合、地盤の関係で事故が多発したり、工事が遅れる等、色々なデメリットがありますので、地盤調査は安全確保のために不可欠です。また安全確保の他に、地盤調査をして新社屋の建設に最適な立地条件を選ぶ事で、工事の期間を短縮する事が出来ます。また工事の期間は出来る限り、余裕を持って企画すべきです。工事現場で人身事故が多発する現場がありますが、その大半が無理な期間で、大規模な工事を強行しています。長期間に日程で、余裕のあるスケジュールを組んでおけば、事故防止にもなりますし、スタッフのモチベーションアップにも繋がります。

↑PAGE TOP